全国TOP >> 神奈川/観光 >> 北鎌倉 >> 建長寺

建長寺

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

建長寺とは

建長寺 建長寺は1253年に建てられた鎌倉五山第1位で日本で初めて禅寺と称した禅宗寺院。三門(一般的な山門)は国重文で空・無相・無作の三解脱門の略称である。本尊は坐高2.4mの巨大な地蔵菩薩座像。仏殿(国重文)は江戸幕府2第将軍徳川秀忠の正妻崇源院の霊屋を移築したもので桃山風の豪華な装飾がみられる江戸時代初期の特徴的な建物。ちなみに建長(寺)汁がなまってけんちん汁となったとも言われている。
今週のランキング:118位 エリア:北鎌倉
ジャンル:寺院 /

概要

名称建長寺
(けんちょうじ)
住所神奈川県鎌倉市山ノ内8

アクセス

横須賀線北鎌倉駅より徒歩15分

北鎌倉で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。