全国TOP >> 神奈川/観光 >> 横浜(みなとみらい21方面) >> 電信創業の地碑

電信創業の地碑

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

電信創業の地碑とは

電信創業の地碑 日本で初めて電報の取り扱いが行われた地。
明治2(1869)年12月25日、この地の横浜電信局(横浜裁判所内)と東京電信局(東京築地運上所内)の間32Kmで日本で始めての電報の取り扱いが行われた。この碑は当時の先駆者達の業績を讃え、昭和38年12月25日に建立された。

概要

名称電信創業の地碑
(でんしんそうぎょうのちひ)
住所神奈川県横浜市中区日本大通

アクセス

みなとみらい線日本大通り駅2出口よりすぐ

横浜(みなとみらい21方面)で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。