全国TOP >> 神奈川/観光 >> 横浜(元町・山手・根岸) >> 港の見える丘公園

港の見える丘公園

facebookでシェア なうで紹介 このエントリーをはてなブックマークに追加

港の見える丘公園とは

港の見える丘公園 港の見える丘公園は、横浜屈指の夜景スポットとして知られる高台の公園。山下公園と並ぶ横浜観光都市公園の一つである。名称は戦後に流行った歌謡曲「港が見える丘」が由来とされ、園内には歌碑も建てられる。
イギリス海軍病院の跡地で、大戦後もアメリカ軍などの進駐軍により接収されていたが、1962(昭和37)年に公園として整備され開放された。
高台からは横浜ベイブリッジおよび横浜港一帯を望め、週末や休日には多くの家族連れやカップルで賑わう。なお園内には、神奈川近代文学館や山手111番館などもあるので併せて立ち寄ると良い。
今週のランキング:17位 エリア:横浜(元町・山手・根岸)
ジャンル:公園 / 史跡 / / 文化財 / 展望台 / 夜景 / デート /

概要

名称港の見える丘公園
(みなとのみえるおかこうえん)
営業時間終日
休業日通年
料金無料
住所神奈川県横浜市中区山手町114
電話番号045-671-3648(南部公園緑地事務所)

アクセス

徒歩:みなとみらい線、元町・中華街駅より約7分。
徒歩:JR石川町駅より約20分。
自動車:首都高速湾岸線、新山下ICより約10分。

横浜(元町・山手・根岸)で人気のスポット

>>人気スポットの続きを見る

付近のスポット

>>周辺のスポット(地図付き)を詳しく見る

周辺案内

スポンサードリンク
お探しの情報は見つかりましたか?
キーワード検索

お探しの情報に関するキーワードを入力してください。観光スポット・エリア・ホテル・グルメスポットのページから該当する情報を検索します。